頭と尻尾はくれてやる!

パソコンおやじのiPhoneアプリ・サイト作成・運営日記


傑作テニスゲーム Tennis Bitsの操作方法

App Storeのおすすめ新着ゲームにあった Tennis Bits ってテニスゲーム。
操作方法がよくわからなくてすぐ消そうかと思ったんだけど、このゲーム、とにかくよくできてるんだわ。
キャラやテニスコートやアイテムの種類も多いし、綺麗、可愛い。演出も凝ってる。

操作方法がよくわからないから最初のチュートリアルを再度見たいと思ったけど、見る方法がなさそうなので一度アンインストールして再度チュートリアルを確認したのよ。

Tennis Bits チュートリアル1

↑自キャラが左右に動く、これはええねん。


Tennis Bits チュートリアル2

↑上下のスワイプで上下へ行く、これもええねん。


Tennis Bits チュートリアル3

↑サーブの方向も選べる、、、さほど実感ないけどまあいいわ。


Tennis Bits チュートリアル4

↑サーブのタイミングね、これもええねん。


Tennis Bits チュートリアル5

↑これや、問題のは。
「その方向にボールをサーブするにはLまたはRをタップし押し続けてください」
ってあるけど、サーブの話じゃないよね?打ち返す時の話のはず。

しばらくやってて俺が勝手に理解した打ち返し方は、、、
相手側からこちらにボールが来る時に自分のコートのどこかに円が表示される。これが打ち返せる地点でプレーヤーは操作してこの円に入らないといけない。

Tennis Bits スクショ1

↑急いで自分のコートに表示されてる円の中へ行く!

Tennis Bits スクショ2

↑円に入ると画面を押し続けてても自キャラは左右に動かず、相手コート側にある小さい円が動く。これで打ち返すボールの飛んでいく方向を決めることができる。
なお、打ち返すタイミングで指を離すのかな?とか思ってたんだけど、そんなことはする必要なく勝手に打ち返してくれる。

Tennis Bits スクショ3

あと、自分のコート側の円に長い時間いるほど良い球を打ち返せるみたい(一番良いのが"パーフェクト"みたい)。つまり相手が打ち返してきたらすぐさま自分のコート側に表示される円に行く!ってのが良い球を打つための条件みたい。


ここまで理解するとね、このゲームはホントよくできてんだわ。
iPhoneでゲームするならこのくらいの簡単さが俺にはちょうど良いかなって感じ。
単純な操作で相手と息の抜けないラリーが続くとホント盛り上がるよ。


※書いた時のTennis Bitsのバージョンは1.5


Evermusic ProがあればGoogle Driveに音楽を置ける

このEvermusic Proってアプリをダウンロードしてみたんだけど、なかなかいいよコレ。

Evermusic Pro

このiOSアプリ、DropboxやGoogle Driveに置いてる音楽のファイルを再生してくれるのよ。
ストリーミングで再生してくれるけど、iPhoneにファイルをダウンロードしておけば機内モードでも聞くことができる。

俺、基本的に楽曲ファイルはMacに入っててiTunesで管理してるんだけど、聞かなくなったのはGoogle Driveに放り込んでるんだよね。Macの空き容量も厳しいし。

このアプリはそのファイルに簡単にアクセスできるのよ。プレイリストだって作れる。
このアプリがあるならもっとMacの楽曲ファイルをGoogle Driveに移しておいてもいいな、これでMacの空き容量を増やせるなって感じ。


あと、このアプリのように他サービスと連携するアプリってパスワードとか盗み見されないのかなって思ったりするんだけど、Google Driveだと二段階認証でiPhoneに番号が送信されてきたのでホッとしたわ。


World of Tanks Blitzって戦車の対戦ゲームがすごい

World of Tanks Blitz のスクショ

↑先日Appleが発表した今年のベストiOSアプリの中にあったので試しにダウンロードしてみたのがこのWorld of Tanks Blitzという7人対7人で戦車で対戦するゲーム。

このゲーム、かなり危険。時間泥棒アプリだ。面白過ぎる。

このゲームの面白さはホントの人間とリアルタイムで対戦するところなんだろうな(他の人は知らないけど)。
これがCPU相手だとそれほど面白いとは思わないわ。
そう言えば少し前の今週のAppで紹介されていたJELLIES!って線をつないでクラゲ(?)を囲むゲームも一人用はほとんどせずに対戦ばかりしてたし。
対戦するゲームって面白いけど作るのは敷居が高いよな、って思ってたんだけどさ、、、

[iOS] Game Center を使った対戦プログラミングの手順メモ - それはBooks
↑こういう記事を見るとマッチングの機能なんかもすでにあるんだね。自分で対戦するゲームなんて作ろうと思ったことなかったから調べたこともなかったけど。

まあそれでもゲームなんて作ること自体難易度高いし、対戦相手がすんなり見つかるほどダウンロードされる、っていうのも大変なんだろうな、、、とは思うもののいつかはゲームを作ってみたいと企んでいるんだけどね。


ROVIOのRETRYの課金方法に感心した

Angry BirdsのROVIOのRETRYってゲームがApp Storeのベスト新着ゲームに表示されていたので試してみたんだけど、これがなかなか面白くて。

Flappy Bird的なワンタップで自分の飛行機を操縦するゲームなんだけど、Flappy Birdと同様かなり難しく、何度も再挑戦(RETRY)するはめになる。

RETRYのスクショ

↑ホントすぐにぶつかっちゃう。

ただ飛行機が着陸できるところがあるので、着陸時にコインを使って飛行場をアンロックしておけば、失敗しても"再挑戦”はその飛行場からできる。
そのコインに課金するのよ、このアプリは!うまいねえ。
ホントすぐにぶつかってやり直しになるので、当然まめにアンロックしたいわけ。経路中にコインを取れることもあるんだけど、たいてい不足するんだよね。
10数秒くらいかの広告動画を見ればコインの代わりになる場合もあるんだけど、どういうわけか広告動画は無効なステージなんかもあって、やっぱりコインを買いたくなるようにできてる(買ったことはないけど)。


アナ雪アプリの致命的バグ

頭と尻尾はくれてやる!/ アナと雪の女王アプリがすごい
↑4月にこんなの書いてたっけ。
我ながらよく飽きもせずにやってるよなあとは思うんだけどさ、アナと雪の女王のアプリFree Fallをまだ続けてるのよ。
今、、、ステージ201まで来てるんだわ。ちなみに一切お金は支払っていないんだけどね。

そのステージ201をやっとのことでクリアした〜!と思ったらそれをアプリが認識せずに失敗と判断って致命的な不具合じゃない。

Free Fall スクリーンショット

ミッションであるトロール10体を起こすをクリアして残りゼロになってるのに残念って、、、orz
このバグ以前は頻繁にあったんだけど、いつぞやのアップデートでなくなったと思っていただけに残念。




Copyright ©頭と尻尾はくれてやる!. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad