頭と尻尾はくれてやる!

パソコンおやじのiPhoneアプリ・サイト作成・運営日記


App Preview用動画を作成する

App Preview用の動画(4インチ、4.7インチ、5.5インチの3サイズ用)を初めて作成したのでそのメモ。
まだアプリ自体は審査中だけど iTunes Connect では作成した動画ファイルを受け付けてくれたから動画ファイル自体に多分問題はないんじゃないかな、と。

今回のアプリは縦長でiMovieは縦長の動画を横長に出力してくれないので手間が増える(横長のアプリなら少し楽なはず)。
作業の流れはこんな感じ。

1. MacとiPhoneをコードでつないでアプリの動画をQuickTime Playerで撮影する(複数の動画ファイルを作成)
2. それぞれをQuickTime Playerで横長になるように90度回転
3. 複数の動画ファイルをiMovieで編集
4. iMovieで「共有/ムービーを書き出す」のHD(最大)を選んで書き出す
5. ffmpegで動画を縦長に回転するよう書き出す
6. ffmpegでそれぞれのサイズになるように書き出す

最初はQuickTime Playerで縦長を横長に回転させてるのに、後のにffmpegを使うのはQuickTime Playerがよきに計らって(俺のMacで最大の大きさを超えないようにしてる?)くれているのかサイズが少し小さくなってしまったのでffmpegで回転させてる。

QuickTime Playerで作成した動画は60FPSくらいあってiTunes Connectでは受け付けてくれない(30FPSじゃないとだめ)。

なお、iPhone 6で撮影した動画から作成してるわけで、それを5.5インチ画面で見るとどんな感じなのかよくわからないけど、、、

ふと3.5インチは作らなくていいの?と思って確認したら両横に黒い部分があるのね。



参考にしたサイト

Macでffmpeg(使い方) - Yahoo!知恵袋
iOSアプリのApp Preview作成手順 - Qiita
AppStoreのアプリ動画 App Previews作成に便利なツールの紹介 – うめメモブログ


Macにffmpegのインストール

App Preview用の動画を作ろうと思って調べてたらffmpeg使うというページを目にしたのよ。ということでffmpegなるものをMacにインストールしようとしたお話。

Macでffmpeg(使い方) - Yahoo!知恵袋
↑こちらのページを参考にしてやってみたんだけど、、、

cp (copy)するのに Operation not permitted とかエラー出てしまう。

調べたら
Operation not permitted|Mac OS X 10.11 EI Capitan
というページを発見。この通りリカバリーモードで起動して、ごにょごにょして、再起動。すると確かにインストール、実行までうまくいった(なんか怖いけど)。


コールマン BCワイドドーム325 スタートパッケージ、寝袋COZY/C10の仕様

今年の頭に買ったコールマンのテントのセットは BC ワイドドーム 325 スタートパッケージ なるもので、説明書は本家サイトにある。
テント
↑説明書

でも、仕様っぽい情報がコールマンのサイトで見つけることができなかったので、とりあえず購入時の外箱に書いてる情報(と言っても写真を撮っただけだけど)を載せておこうっと。いつか買い換える時に今のテントの高さはなんぼなんだろ?とか思った時に役に立つかもしれないので。

BCワイドドーム325外箱

BCワイドドーム325外箱詳細


同じくこちらは寝袋、コールマンのCOZY/C10。
寝袋COZY/C10外箱

寝袋COZY/C10外箱詳細

画像をクリックで拡大表示。



MacでPHPを使う時の設定

Macを新しくしてからPHPを使うのが初めてで、設定したことのメモ。また数年後に必要になるんじゃないかなってことで。

参考にしたページ。
MacでApache+PHPの環境を構築する - Qiita
[Mac] apacheでローカルサーバーを構築する方法 | Memo on the Web
↑と言ってもPHP5モジュールを有効にする(コメントアウトを外す)ってのとPHPのファイルを置いてるフォルダを参照させようとしたくらいか。あと権限の設定とか。

困ったことにテキストエディタだと
apache2/httpd.conf
の変更、保存ができなくてさ。権限の問題かと思ってFinderで権限ごにょごにょやってもうまくいかず、、、
素直に(?)viを使ったらいけたわ。文字を1文字入力するのにもイライラするけどさ。
vi コマンドリファレンス
↑本当助かりました。


※Mac OS X は El Capitan 10.11.4


Blenderでオブジェクトのプラス側とマイナス側で整列させる

Blenderでオブジェクトを整列させる場合、
最初に動かしたいオブジェクトを選択
基準にしたいオブジェクトを選択

画面左下の選択部分
↑画面左下のObject / Transform / Align Objects を選択

Align Modeなどの設定
↑すると表示されるここでAlign Modeや軸などを選択するととりあえず整列はできる。
ここまではいいんだよ。
でもこのやり方だとAlign Modeが Positive Sides/Centers/Negative Sides のどれかとなっているので双方のオブジェクトのプラス側、センター、マイナス側のどれかで整列することになる。それじゃあ片方のプラス側ともう片方のマイナス側で整列させる方法はないの?と調べたんだけど、簡単なのは見つからない、、、
で、苦肉の策が3Dカーソルで合わせる、って方法。

整列前のオブジェクト
↑例えば立方体(固定)のx軸のプラス側とと円柱(こっちを動かす)のマイナス側で整列させたい、とするよ。

立方体のプラス側に3Dカーソルを持ってくるために、、、

頂点選択
↑立方体のEditモードでx軸プラス側の頂点を選択。

Shift + s でSnap
↑Shift + sで Cursor to Selected を選択。

3Dカーソル移動後
↑すると選択した頂点に3Dカーソルが移動。

オブジェクトモードに戻して、動かしたい円柱のみを選択。後は最初の手順のように
画面左下のObject / Transform / Align Objects を選択。

Relative Toをセット
↑出てきた画面では
Align Mode: で円柱のマイナス側なので Negative Sides を選択
Relative To: で 3D Cursor を選択
Align は軸なのでxを選択

整列後のオブジェクト
↑すると無事に整列完了。お〜!と言いたいけど正直めんどくさいわ。もっと楽な方法があったら教えてください。




Copyright ©頭と尻尾はくれてやる!. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad