頭と尻尾はくれてやる!

パソコンおやじのiPhoneアプリ・サイト作成・運営日記


MacのPythonからIFTTTを使ってiPhoneに通知

機械学習で株価予測やってみたが
↑これに関連して、Pythonで日経平均採用銘柄225種の株価のスクレイピングをやってる。
時々インターネットの回線の具合が悪いのか、データを取りに行ったもののうまくいかずエラーで止まってることがある。そこで例外拾って再度動かす、というのもありだけど、スクレイピングなので意図しない不具合でアホみたいにリクエストしてサイトにブロックされても困るし、、、ってことでここは通知してもらいたい。

そんなわけで、エラー発生時にiPhoneにメールか通知でもできんかなあと調べてみた。
するとなにやらapnsなるものを使ってどうのこうのとすればいい、という記事はあるんだけど俺には難易度が高い。もっと簡単なのはないかのうと試したのがIFTTTを使ってみる方法。

1)エラー発生時など通知したいタイミングでMacのDropboxフォルダーにテキストファイルを保存する。

{
    req = urllib.request.Request(url)

    try :
        response = urllib.request.urlopen(req)
    except urllib.error.URLError as e:
        print(e.reason)
        MyUtility.sendErrorNotify(stockName)

    html = response.read()
}
↑呼び出す部分はこんな感じ。例外のとこで通知するようにしてる。
Pythonでの「通知」処理とは言っても単にDropboxの任意のフォルダー(ここではiftttとしてる)に適当なテキストファイルを保存するだけなのでコードは省略。

2)iPhoneのIFTTTアプリで「Dropboxのあるフォルダーにファイルが保存されたらiPhoneに通知」というAppletを作成

IFTTTのApplet

これでOK。
最初はGoogle Driveでやってみたけど試した時にGoogle Driveの調子が悪いのかうまくいかなかった。IFTTTで扱えるサービスで自分好みのを使えばよろしいかと。

IFTTTによる通知

↑実際のiPhoneの通知画面だとこんな感じ。文字もいろいろとカスタマイズできる。すごいな、IFTTT!
ただDropbox経由なのでホントに回線が切れっぱなしだと通知は来ないんだけどね。
機械学習の途中経過報告とかにも使えそう。


Anker PowerCore 13000と100均Type-CケーブルでSwitchを充電

ダイソーのType-Cケーブル

↑ダイソーでSwitch充電用にとUSBとType-Cのケーブル買ってきた。

モバイルバッテリーはいつもiPhone充電用に重宝しているAnkerのPowerCore 13000ってモノ。去年の9月に購入。



そもそもこのバッテリーで充電できるのかも不明。

とにかくダイソーのケーブルを接続して充電してみた。

SwitchをAnkerモバイルバッテリーで充電

↑充電中の様子。

80%のスイッチのバッテリー残量が64分後には99%になってた、ってとこは確認した。
とりあえず充電はできるみたい。


SwitchをiPhoneのテザリングでネットに接続したが

Nintendo SwitchをiPhoneでテザリングしてネットに接続できる、と聞いたので外出先で試してみた。

iPhone 7 Plusのインターネット共有をオンにし、表示されるパスワードをSwitch側で入力。

すると、、、接続成功!
いや、まだここで喜んでいてはいけない。

Nintendo SwitchでNAT超えができなかった理由
↑NAT超えできなきゃARMSやスプラトゥーン2はネットの向こうの人と対戦して遊べない。

AかBならいいんだよな?とドキドキしながら接続テストをすると、、、

Switchの接続テスト結果

あああ、NATタイプは F、、、orz

【Switch】エラーコード「2618-0516」が表示されました。どうしたらいいですか?

↑この辺りを読んだけど、iPhoneで接続に関しどうこうできるようには見えないしなあ。

ネット上には接続かつゲームをプレイできた、という情報もあるので回線の問題なのかな?残念〜!



回線はb-mobileのおかわりSIMといういわゆる格安SIM
デバイスはiPhone 7 Plus , iOS 11 beta 5


ARMSのプレイ動画用チャンネルを作ってみた



↑AMRSのプレイ動画をまた作ってしまった。#2 ベーゴマ級で初対戦 というランクマッチの様子の動画。
専用の新しいチャンネル(ブランドアカウントって言うの?)まで作ったよ。

新しいチャンネルを作成する - YouTube ヘルプ
↑その作り方。

YouTubeでは1つの動画を別のチャンネルに移動させることはできないみたいなので、#1は新しいチャンネルに再度アップロードした。

よくわからないのは同じように録画、編集して作った動画なのに、今回のは著作権がどうのこうのとは出ていないんだよな、、、?謎だ。


YouTubeに動画をアップしたら「著作権保護されたコンテンツが含まれています」

Switch録画にキャプチャー GV-HDREC を買ったがパススルーが機能しない

↑ここにあるようにSwitchのAMRSのプレイ動画をYouTubeにアップしたんだけど、その時に「著作権保護されたコンテンツが含まれています」という文字が目に入った。
まあそりゃそうだよね、ゲームのプレイ動画なんて任天堂の中の人が描いた画像、作曲した音楽がほとんどなわけで。

YouTubeの画面

↑クリックで拡大。結局のところ動画は公開しててもいいけど、広告が表示されてそれがこちらではなく任天堂に行くよってことらしい。
よくできてるなあ。
とりあえず俺の華麗な(大嘘)ARMSプレイ動画はそのままでも全く問題ないってことだ。


やっぱり収益化したいぞ!お金が欲しいぞ!って場合は任天堂の場合は契約すればいいらしい。
Nintendo Creators Program

Nintendo Creators Program
↑利用可能なタイトル一覧にはARMSもスプラトゥーン2もある

ただし契約するには、PayPalのビジネスアカウントが必要とある。
このビジネスアカウントを作るには法人でないとダメっぽい。このあたりが個人にはネックやな。
まあ人気のチャンネルに育てば周りがほっとかないだろうし、大抵の場合はお金になるほど視聴されないよね。それを言っちゃあおしまいか。




Copyright ©頭と尻尾はくれてやる!. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad