頭と尻尾はくれてやる!

パソコンおやじのiPhoneアプリ・サイト作成・運営日記


Apple RenewプログラムでiPadにさよなら

ずっと使っていたiPad(第三世代)は最新のiOS(10)が乗らなくなっていたので、次に出たら買い換えようかなと思ってたところ3月末にマイナーチェンジしたiPadが登場したので購入。チップがiPhone 6s相当のA9というのが微妙と思ったけど、その分安いしね。まあ用途から考えればOKかなと。
使い始めてまだ10日くらいだけど、特に問題もなし。

ところで古いiPadの方はというともう使うこともないので今回初めて Apple Renewプログラムなるものを使ってみたのよ。
再利用とリサイクル - Apple(日本)

Apple Renew プログラム 見積もり

↑サイトでのとりあえずの見積もりは(最大)4,500円とのこと。現金ではなくApple Storeで使えるギフトカードをくれるらしい。
状態なんかは自己申告だからどうなのかなあという感じ。

まあいいや、と申し込んでみたところ、数日後にダンボールが到着。

iPadを段ボール箱に入れる

↑その箱にぴっかぴかにしてやったiPadを入れて返送。

翌日にはメールで査定結果がやってきて満額回答の4,500円だった。

Apple Storeギフトカード

↑さらに数日後に再度メールでギフトカードが送られてきたんだけど、、、今度使う時までメールのままか印刷して持っておくのかな?Walletに追加なんてのもできるみたいだけどちょっと使い方がよくわからん?Apple Storeアプリで読み込んでApple IDに紐付けとかしてくれたら便利なのにな。

ともかく下取りの手順自体は超絶楽チンでした。


ちなみにiPad(第三世代)はiPadでは初のRetinaだったかな?発表時には「新しいiPad」って言われたんだわ。予約開始時に注文したんだけど、半年後にケーブルがライトニングになっただけの後継機種が出てすぐに型落ちになってしまった、というなんとも残念なやつでしたがまる5年間よく動いてくれました。


b-mobileからFREETELへお引越し

iPhone 4Sを格安SIMで子供用に再利用
↑ここにも書いてように、すでに使わなくなってたソフトバンク契約のiPhone 4Sにb-mobileの格安SIMを入れて息子に使わせているんよ。



↑ところが、何が良くないのかわからないけど「不正なSIMです」というのが出てきたんだわ。この時は数日後にいつの間にか直っていたんだ。

でもこれがまた出てきたのでいい加減ちゃんと対策講じないと、と思ってb-mobileのサイト見るとSIMカードの再発行は2000円するのね。
しかも、今回のトラブルだとSIMが悪いのか解除アダプタが悪いのか判別がつかないのよ。4SのSIMのサイズはマイクロ。手持ちのiPhone 6/7だとナノなのでチェックできないし。

FREETEL(フリーテル)|高速通信SIMカードと高品質SIMフリー端末/格安スマホ

どうするかなあと思ってたらFREETELってのを見つけたんよ。そういえば佐々木希がテレビで肉球がどうとか言ってたかな、という程度の認識なんだけど、この事務手数料が299円とか。これならこっちに乗り換えた方が安いじゃないってことで乗り換えに決定。
もっともFREETELはマイクロSIMはなくてナノしかないので4Sは使えないので息子のiPhoneは4Sから5sに。5sだよ、5s。64bitのシムロックフリー機だよ。息子のiPhoneや3DSの扱い方を見てると触らせたくない気になるんだけど、ここは仕方ない。息子との連絡や位置情報確認などしたい時もやっぱりあるし。

そんなわけでFREETELのサイトで申し込んだら、、、

FREETELのsim

↑翌日に届いた!早い!ありがたいことだよ、全く。


simをiPhone 5sにセット

↑早速5sに設定した。
ただどういうわけか画面左上のアンテナが立たない。けど普通に使えてる。


MacのiBooksで辞書が使えなくなった

Pottermoreがリニューアルで米語版なくなった?

↑この続きなんだけど、イギリス英語のを読むことになったのは何だかなあって感じなんだけど、実際読み進めていくとさほど影響はなさそう。それよりも問題なのは、、、
Mac(OS X El Capitan)のiBooksアプリで辞書が使えなくなったこと!

これはかなり困る。

MacのiBooksで辞書を使う1

↑今までだと調べたい単語をダブルクリックすれば辞書で調べた結果がすぐに表示されてたのよ。英英辞典だけど、これでよくわからなかったら右下のボタンで辞書アプリに行くのでそこで英和辞典で調べてた。

MacのiBooksで辞書を使う2

↑それがなぜか同じようにしても英英辞典でさえ表示しなくなった、、、

いろいろ調べたけどよくわからず。
epubファイルの言語はen-GBだから問題ないと思うんだが。
Automatorで辞書アプリを呼び出すか、と思ったんだけどiBooksの場合右クリックで表示される内容はコントロールできないのか、ともかく俺にはできなかった。

試行錯誤の結果、結局iPhoneのiBooksアプリで読むことにしたよ。これだと、

iPhoneのiBooksで辞書を使う1

↑辞書で調べたい単語を長押しすると幾つかの選択肢が出てくる。「調べる」をタップ。

iPhoneのiBooksで辞書を使う2

↑すると辞書の検索結果が和英、英英とも出てくる。これでなんとかなる!


ちなみにMacのOSをSierraにしたら改善するのかもしれないけど諸事情によりまだEl Capitanなのです。


Pottermoreがリニューアルで米語版なくなった?

Harry Potter and the Deathly Hallows

MacでHarry Potter and the Half-Blood Prince を読んでたんだけど、ようやく読み終えたので続きを買おうといつものPottermoreへ行ったらサイトがリニューアルされてて随分勝手が違ってんのよ。

Pottermore - The digital heart of the Wizarding World

まずログインできない。相変わらず面倒なサイトだよ、まったく、、、
どうも前のアカウントはダメらしく、再登録しろってあったので言われた通り再登録。
ログインして最終巻のDeathly Hallowsを購入しようとしたんだけど、、、なんか表紙の図柄もえらく雰囲気が変わってるなあ。それより、言語の選択肢に米語がない!

iPhone/iPadでHarry Potterを読んでみる
↑読み始めた頃の記事にあるけど、前は「英語(US)」ってのがあったのよ。
今回は仕方ないのでEnglishってのを選んだけど、値段がよくわかんない。5.99GBPとしか表示しないのよ。前は通貨の切り替えが出来たと思ったんだけどな。英国の商品をポンドで表示して何が悪いんじゃあ?!ってとこか。
ともかくPayPalで購入。

購入本一覧

↑そうこうしてるうちにサイト内では過去に購入した本の一覧が表示されてる。え?アカウント再作成したのに?メールアドレスの一致だけで同一と認識してるのだろうか?アカウント再作成の時には何も考えてなかったけど、同じメールアドレス使ってよかった〜ってことなのか?

ちなみに購入したのはやっぱり英語であって米語ではなかったよ。
centerとcentreを検索するとこんな感じ。

iBook検索
↑centerはない。

iBook検索
↑centreはいくつもある。

epubファイルの言語を見ると en-GBになってるし(今までのはen-US)。

Pottermoreで言語選択の項目

↑今サイトを見返してもやっぱり米語版は見当たらないなあ。



ヨーグルト生産第4弾、LG21の結果

頭と尻尾はくれてやる! ヨーグルトメーカー 第三弾の結果
↑今まではR-1ばかりをやってきたんだけど、今回の第4弾では同じ明治のLG21をタネにしてみたんだわ。

明治プロビオヨーグルトLG21|株式会社 明治
ほら、CMでリスクと戦う乳酸菌とか言ってて、いつもリスクってなんやねん!って思っちゃうんだけど、あのLG21ね。

LG21

↑これ(砂糖ゼロ)を買ってきて最初にタネにしてヨーグルトを作り始めたのが7月19日。
R-1と違って数回目で液状になることなく、毎回美味しいヨーグルトができていて、気がつけば9月27日には22回目が成功。しかもまだまだ続けられそうだけどまたR-1に挑戦したくなったのでここでLG21は打ち切り。

1) 液体のR-1 → 5回目で液状
2) 低脂肪のR-1 → 3回目で液状
3) 普通のR-1 → 4回目で液状
4) 普通のLG21 → 22回目でやめ
5) 普通のR-1 → 1回目はOK

すでにR-1の1回目を食べてるところ。これをどこまで伸ばせるか、、、?




Copyright ©頭と尻尾はくれてやる!. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad