頭と尻尾はくれてやる!

パソコンおやじのiPhoneアプリ・サイト作成・運営日記


100均とANKERの車内用バッテリーチャージャー

セリアの車内用バッテリーチャージャー

↑100均(セリア)で車内用のバッテリーチャージャーを買ったんだ(以前使ってたのが壊れたので)。
ところが、これが充電してくれない、、、いや、わずかに増えるから壊れてるわけじゃないんだ。でもアプリとか起動してると少しずつ減って行くほどなんだよ。まあ、100均だから仕方ないか、とあきらめてAmazonで別なのを買ってみた。



↑これを使ってみたら全然違う!アプリ使っててもちゃんと充電されていく!100均のが800mAって書いてて、ANKERのは1ポート最大2.4Aとあるんだけど、この違いなのかな?比較できる値なのかよくわからんのだけど。
ともかく、100均よりはだいぶ高い(といっても1000円もしないのだが)けど期待通りに動いてくれるのでめでたし、めでたし。



机の上のケーブルをまとめてスッキリ

購入前の机上の様子

↑普段は机の上はこんな感じだ。ライトニングケーブルなんかをすぐにiPhone/iPadに挿せるようにするためある程度の長さを机の上に来るように置いてる。これだと時々机の上から落ちることもあるので困ってた。
USBの延長コードに至っては微妙に短く、コードの端が常時机の上にあるようにはできなかった。苦肉の策でクリップを折り曲げて落ちないようにしてみたけど使いづらいなあと思ってた。

磁力の力でデスクがスッキリ。ケーブル類をひとまとめにできる「Philonext」 | ライフハッカー[日本版]
↑そんな時にこの記事を目にした。
おおお!これはいいかも!と思った俺は早速100均ショップをいくつか見た。ほらこういうのって似たようなのがありそうじゃない?あるなら100均の方が安いし。
でも見当たらなかったので結局Amazonで購入。



↑種類がいくつかあって俺はライトニングケーブルが2本とUSBケーブル1本をまとめたかったので3本できるのを選んだ。

購入したPhilonext

↑すぐに到着。

Philonextの中身

↑引っ張り出したところ。

買ったのにはコードを留める側の方も2種類ある。’BIG’という方にはUSBケーブルやもっと平べったいコード、’3’とある方は3種類の穴径を選べる。

Philonextの磁石

↑’3’の方は角度によって径の大中小ありますよってのがデザインされてるけど最初はこの表記の意味が理解できてなかった。

ライトニングケーブルは一番小さい穴を使うといい具合に固定できた。コードに対してゆるゆるだといざケーブルを使おうとする時なんかにケーブルの根元側に落ちてしまう。

まとめた後の机の上

↑設置後。めっちゃすっきりした!
台側を机の側面に付ける方がよりすっきりするかも、と思ったんだけど自作スタンディング机の1x4材の端っこなのでうまく接着しないかも?ということで上の画像のように机の上面のデスクマットに接着した。


サイズの合わない窓用エアコンを取り付けた

ウチの小さい部屋には外に室外機を置くスペースはもちろんそれ用の配管を通す穴もない。つまり元々エアコンを設置できるようには設計されていないんだけど、どうしても設置したくてコロナの窓用エアコンを検討してた。ヒーターを別途置くスペースもないしヒートポンプの方が電気代も安いよなってことで冷暖兼用が欲しい。

ウインドエアコンの取り付け方|ウインドエアコンシリーズ|空調・家電機器|製品情報|コロナ

↑設置に必要な幅として495mm以上とある(冷房専用なら470)。しかし、ウチの窓のサイズを確認すると445mmくらいしかない!
あかんやん、、、と最初はあきらめていたのだけどよくよく調べると実機(CWH-A1817)の横幅は360mmになってる。設置用の枠のサイズはどこを見ても書いてないんだが、実機よりちょっと大きいくらいに見える。まさか窓ストッパーを倒さないと電源が入らない、とかなってないよな?だったら取付枠さえ窓にセットできればなんとかなるんじゃないの?ということでえいや!と注文してみた。だめなら最悪DIYでエアコン設置台兼本棚みたいなのを作るつもりでいた。



窓用エアコン

↑届いたエアコンと設置するところの窓。
取付枠の横幅を測ってみると390mm程度だ。いけるかも?!

取付枠設置後

↑かろうじて取付枠が設置できた!窓ストッパーは最初からあきらめてる。
なお、元々窓のレール(?)部分に衝突防止用部品みたいなのがあってそれがためにうまく取付枠を設置できなかったので、それを強引に取り外してようやく取付枠の設置ができた。

ドレン

↑あせったのがドレン用の部品とかがあったことだ。え?不要だったんじゃないの?と思いサイトを再確認したらそれは冷房専用機であって冷暖兼用機にはドレン工事が必要とあるのだ。あちゃー、やってしもうた、、、と焦ったんだが別に画像の状態でもいいんじゃね?ってことで配管などは設置せず。

設置完了

↑無事に設置完了。試運転したらちゃんと動いたよ。でもこれ使用時には当然窓を開けておく必要があるわけだが、うっかり忘れてしまいそうな気がする。そういう気がするって場合はたいていやってしまうもんだ。取説によると室外側の吸い込み温度が高温になると停止するみたいだけど。

作業時間は2時間ちょいかな。設置に必要な条件を満たしていない方法なので自己責任で。
これでこの部屋でも快適にすごせる。ありがとう、コロナさん!
謎なのは吹出口のルーバーをどう向けようがエアフィルターが引っかかって取り出せないんだけど?


ヨーグルト生産第5弾、R-1複製100回成功

ヨーグルト生産第4弾、LG21の結果
↑まあこの続き、というか途中経過報告。
ヨーグルトメーカーでR-1を複製してきたんだけど、ついに今回100代目が無事完成!というところまでやってきた。パチパチパチ〜

100代目R-1

↑よくわからないけど記念撮影。

メモを確認すると昨年の9/29に最初の複製(=1代目)を作り始めてる。ほぼ1年かけて連続100回複製に成功した、ってのはなんかすごくない?最初の頃は液状にさせてしまったこともあったのに。

若干取説と作り方が違うんだけど俺のやり方を紹介すると、、、
牛乳(1リットル)は事前に温めたりせず、冷蔵庫から出したままでOK。
新しい牛乳から50cc抜いて、そこにヨーグルトを50g分入れる。
注ぎ口をぎゅっと握って何回か振って混ぜる。
13時間ヨーグルトーメーカーで温めるだけ。
これで夏も冬も失敗なくヨーグルトができたんだから楽なもんだよな。

それにしても、100回も複製したヨーグルトは本当にR-1と同じ成分で同じ効果が期待できるんだろうかね?牛乳もいろんな種類を使ってきたわけだし。探偵ナイトスクープで調べてもらいたいよ。



↑使ってるのはこれ。コスパ最高、ホント。


休暇村竹野海岸のキャンプ場に行ってきた

【キャンプ場についてのメモ】

休暇村竹野海岸
↑ここのキャンプ場。軟弱一家なのでオートサイトを予約。フリーサイトは駐車場から登ったりして大変そうだな、オートサイトでよかったなって感じ。
水道、電源付きだしお隣とも距離がある。お風呂は休暇村本館へ行ったんだけど、歩いていける距離なのがありがたい。

夏なのに蚊などに悩まされることなかった。トイレにはダンゴムシの死骸とかはあったけど。Gも見なかったな。朝夕はひぐらしの鳴き声がよく聞こえた。

ゴミは分別して管理棟へ持っていけばおじさんが処理してくれた。

と、まあなかなか快適なところでした。やっぱり休暇村のキャンプ場はいいね。

休暇村竹野海岸キャンプ場の広場

↑あまり平らな広場はないのでボール遊びはやめた方がいい。写真じゃわかりにくいけど結構な斜面。


【近くで遊べるところ】

・庵蛇浜
歩いてすぐのところに庵蛇浜(あんじゃはま)ってプライベートビーチ(?)があって行ってみたんだけど、先の台風の影響で木屑などがいっぱいで泳ごうかなという気にはならなかった。それでも大量の流木などを取り除いた後だったそうで、水そのものは綺麗で、実際泳いでる人もいた。


・竹野スノーケルセンター
竹野スノーケルセンター 公式サイト|山陰海岸国立公園がある兵庫県・竹野でスノーケル(シュノーケル)するなら竹野スノーケルセンターへ
↑ここ。休暇村のカヌー体験が予約できなかったので、こちらで予約してカヌー体験に挑戦してみた。
私、妻、小学4年生の息子の三人。みんな初挑戦。

カヌーのコース

↑このコースに挑戦(画像は鬼伝説コース|たけのジオカヌーより)。
このコース子供は4年生以上が対象。ウチの息子は果敢にもタンデムを拒否、独りでやりたい!と言い大人と同じように独りで乗ることに。最後まで頑張って戻ってくることができた。いや、よく頑張ったよ。
眺めも良くカヌーを操作する感覚が楽しくいい経験になった。

カヌーの出発するあたりではスノーケル体験をしてる人がいたので、カヌー体験終了後に「スノーケルのレンタルはありますか?」と聞いてみたところ、使っていいよとスノーケル一式を親子三人分無料で貸してくれた!海岸からすぐのところでも魚がいっぱいで水が綺麗だしかなり楽しめた。


・竹野浜海水浴場
竹野浜海水浴場
↑キャンプ場から車ですぐのところにあるこの辺りで一番メインの(?)海水浴場に行ってみた。

海上アスレチック

↑こういう海上アスレチックの宣伝に息子が食いついたからだ。
大人は1時間1500円かあ、、、息子に遊ばせて外でのんびりしてるかなあ?と一瞬思ったけど、息子一人じゃつまらんかなと思い結局家族三人で参加したんだが、、、
これが超絶楽しかったぞ。思う存分飛び込んだりしたわ。
最初は1時間じゃ短いんじゃね?と思っていたけどすぐにへとへとになる。
すでに今シーズンの営業は終わってるみたいだけど、、、
それにしても竹野海岸の水はキレイだったなあ〜


・コウノトリの郷公園
兵庫県立コウノトリの郷公園
帰る時に寄った。駐車場、入場料とも無料。

コウノトリ

↑近くで(そうでもないか)コウノトリを見ることができた。飛んでるとこも見たかったけど見られなかったのが残念。色々な展示もあるので結構な時間楽しめる。


・生野銀山
生野銀山
こちらも帰る時に寄った。
坑道内はいつも13℃らしく、Tシャツ短パンじゃ寒い。とにかく着られるものはなんでも着たいってほどだった。個人的にはこういうところ好きなので楽しめた。

別子銅山でもやった記憶があるけど、すくい採り体験をここでもやったよ。大量の砂から金銀錫を探すって恒例のあれね。腰が痛かった。

生野銀山のすくい採り体験の結果

↑俺の成果。息子はこの容器にほぼ満タンまで見つけてたな。



【私的メモ】

イオンの豆炭は火力がイマイチ、二度と買わない。

ナビは最初iPhoneのApple MapだったけどGoogle Mapsだと新しい道路が反映されてて結局そちらを頼りにすることに。相変わらず渋滞情報もApple Mapは表示してくれない(iOS 11 beta 6)。
今度からドライブにはGoogle Mapsをメインに使う。

行きは5号湾岸線を尼崎末広で降りて下道を北上、宝塚から中国道に入った。湾岸線と中国道がもっとすんなりつながればいいのにな。

帰りは中国道を神戸三田で降りて六甲北有料道路、六甲有料道路を使って湾岸線を目指した。
途中あわや阪神高速7号北神戸線に乗りそうになった。ドライブは予習大事よね。
神戸あたりで海沿いの道から住吉浜出5号湾岸線に入るのには左車線にいないとだめ!道なりだと六甲アイランドに行っちゃうという罠。空いてるからって右車線に行くと後で割り込んで左車線に入れてもらうことに。

細野渓流キャンプ場
↑GWにここ行ったけどブログに書いてない。




Copyright ©頭と尻尾はくれてやる!. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad