頭と尻尾はくれてやる!

パソコンおやじのiPhoneアプリ・サイト作成・運営日記


Anker PowerCore 13000と100均Type-CケーブルでSwitchを充電

ダイソーのType-Cケーブル

↑ダイソーでSwitch充電用にとUSBとType-Cのケーブル買ってきた。

モバイルバッテリーはいつもiPhone充電用に重宝しているAnkerのPowerCore 13000ってモノ。去年の9月に購入。



そもそもこのバッテリーで充電できるのかも不明。

とにかくダイソーのケーブルを接続して充電してみた。

SwitchをAnkerモバイルバッテリーで充電

↑充電中の様子。

80%のスイッチのバッテリー残量が64分後には99%になってた、ってとこは確認した。
とりあえず充電はできるみたい。


SwitchをiPhoneのテザリングでネットに接続したが

Nintendo SwitchをiPhoneでテザリングしてネットに接続できる、と聞いたので外出先で試してみた。

iPhone 7 Plusのインターネット共有をオンにし、表示されるパスワードをSwitch側で入力。

すると、、、接続成功!
いや、まだここで喜んでいてはいけない。

Nintendo SwitchでNAT超えができなかった理由
↑NAT超えできなきゃARMSやスプラトゥーン2はネットの向こうの人と対戦して遊べない。

AかBならいいんだよな?とドキドキしながら接続テストをすると、、、

Switchの接続テスト結果

あああ、NATタイプは F、、、orz

【Switch】エラーコード「2618-0516」が表示されました。どうしたらいいですか?

↑この辺りを読んだけど、iPhoneで接続に関しどうこうできるようには見えないしなあ。

ネット上には接続かつゲームをプレイできた、という情報もあるので回線の問題なのかな?残念〜!



回線はb-mobileのおかわりSIMといういわゆる格安SIM
デバイスはiPhone 7 Plus , iOS 11 beta 5


ARMSのプレイ動画用チャンネルを作ってみた



↑AMRSのプレイ動画をまた作ってしまった。#2 ベーゴマ級で初対戦 というランクマッチの様子の動画。
専用の新しいチャンネル(ブランドアカウントって言うの?)まで作ったよ。

新しいチャンネルを作成する - YouTube ヘルプ
↑その作り方。

YouTubeでは1つの動画を別のチャンネルに移動させることはできないみたいなので、#1は新しいチャンネルに再度アップロードした。

よくわからないのは同じように録画、編集して作った動画なのに、今回のは著作権がどうのこうのとは出ていないんだよな、、、?謎だ。


YouTubeに動画をアップしたら「著作権保護されたコンテンツが含まれています」

Switch録画にキャプチャー GV-HDREC を買ったがパススルーが機能しない

↑ここにあるようにSwitchのAMRSのプレイ動画をYouTubeにアップしたんだけど、その時に「著作権保護されたコンテンツが含まれています」という文字が目に入った。
まあそりゃそうだよね、ゲームのプレイ動画なんて任天堂の中の人が描いた画像、作曲した音楽がほとんどなわけで。

YouTubeの画面

↑クリックで拡大。結局のところ動画は公開しててもいいけど、広告が表示されてそれがこちらではなく任天堂に行くよってことらしい。
よくできてるなあ。
とりあえず俺の華麗な(大嘘)ARMSプレイ動画はそのままでも全く問題ないってことだ。


やっぱり収益化したいぞ!お金が欲しいぞ!って場合は任天堂の場合は契約すればいいらしい。
Nintendo Creators Program

Nintendo Creators Program
↑利用可能なタイトル一覧にはARMSもスプラトゥーン2もある

ただし契約するには、PayPalのビジネスアカウントが必要とある。
このビジネスアカウントを作るには法人でないとダメっぽい。このあたりが個人にはネックやな。
まあ人気のチャンネルに育てば周りがほっとかないだろうし、大抵の場合はお金になるほど視聴されないよね。それを言っちゃあおしまいか。


Switch録画にキャプチャー GV-HDREC を買ったがパススルーが機能しない

Switchの録画機能はまだ搭載されないし、他の用途にも使いたかったので、、、



↑Amazonでこれを買ったのよ。
これをNintendo SwitchのHDMI出力とテレビの間に入れるとSwitchの出力画像・音声を記録できるというもの。これでARMSやスプラトゥーン2などのゲームプレイ動画を作ったりできるとわくわくしてたんだけど、、、

これがどうも意図通り動かない。

録画しながらプレイするとテレビ画面がかくつく(これを我慢すれば録画はできる)。これを避けるためにパススルー機能が搭載されているんだけど、このパススルー機能を設定してるタイミングだとテレビ画面に何も映らない、という症状になるんよ(ただし音声は出てる)。

テレビのエラーメッセージ

↑ただ、テレビ側のエラーメッセージ「対応できない映像信号が入力されています。出力機器の設定を確認してください。」というのが表示されるのみ。
ちなみにテレビはシャープのアクオス LC-32DE5。

ファームウェアのアップデートをやって1.02→1.03にしたけど変わらず。

製造元のIO DATAに問い合わせてみたところ

・Switchとテレビの間にキャプチャー以外(スイッチャーやAVアンプなど)ないか?
・Switch側の設定は 解像度が自由、RGBレンジが自由、で確認をしている

と言われたが、Switchとテレビの間にはキャプチャーだけだし、Switchの設定も同じ。再度問い合わせると

・任天堂Switchの設定はTVが720pまでなのでキャプチャーの設定も解像度720pで設定し回避できた事例あり

とのこと。
Switch側の出力はデフォだと自由で1080になってるところを720に設定すると、、、期待通りの動作をした!ちゃんとパススルー機能が使えた!

けど、もちろん生成される動画ファイルのサイズは小さくなる。
カクカクするのを我慢して録画すれば1920x1080だけど
パススルーを使う(手動で720出力にする)なら1280x720になる。

もっともウチのテレビのモード設定で「ゲーム」というのがあって早い動きにも良いモードってのがあって、それを選択かつSDカードも速度が十分のを使えば1080でもさほど気にならないレベルになってはいる。

ただ、1080の場合、つまりパススルー機能が使えない状態の問題点は、録画しない時にもキャプチャーの電源を入れないといけないということ。
720設定で常時パススルーしておけばキャプチャーの電源を入れなくてもSwitchはテレビで遊べるけど、1080だとそれができない。コンセントを挿しっぱなしならまだマシだけど、ウチの環境ではコンセントの取り合いがあって差し替えとか必要になることもあって少し面倒になる。


使い勝手はというと、まあ慣れればなんとかなるかな?って感じ。
パススルーにしておくと録画されてるかどうかわかりにくく、この前録画してるつもりが実はしてなかったということがあった。




↑購入したSDXCカード。IO-DATAのじゃないのはもしかしたらサイズは小さい方が他にも使えていいんじゃね?ってことで。64GBで720だと約10時間くらい撮れるらしい。



↑こんな感じで動画ができる。文字とか入れてるのはiMovieで編集してる。いろいろと考慮すると720でもいいかなって気もする。画質は十分だし、メモリも食わないし、編集時の処理も軽いし。

今はニンジャラを極めようとこればかりでやってます。「とうちゃん」ってニンジャラが相手にいたらお手柔らかに。




Copyright ©頭と尻尾はくれてやる!. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad