頭と尻尾はくれてやる!

パソコンおやじのiPhoneアプリ・サイト作成・運営日記


3Dのボーン付き人体モデルをSceneKitで使う

人体のボーン付きモデルをSceneKitにimportする方法を模索中で、ひとまずいけそうな方法が見つかったので忘れないようにメモ。


1. MakeHumanでモデル作成
2. daeで出力する時にデフォではなく”Z up, face -Y”を選ぶ(daeファイルとtexturesというフォルダが出力される)↓

MakeHumanでdae出力

3. Blenderでそのdaeファイルをimport
4. Blenderでテクスチャ設定↓

Blenderでテクスチャ設定

5. Blenderでdae出力(daeファイルとテクスチャ画像が出力される)
6. Xcodeにインポート(SceneEditorでは特にやることないはず)↓

SceneEditor

SceneKitで表示

↑iPhone上で実行。spine3をz軸周りに30度回転させてる。

とりあえずこれなら人体の身長がy軸方向、顔がz軸方向を向いてくれるし、ボーンの姿勢もコントロールできそうな感じ。
MakeHumanで作成したdaeを直でSceneKitで使おうとするとオブジェクトの姿勢が理解不能だったりしたので仕方なくBlenderかましてる。
BlenderのアドオンでManuelBastioniLABってのがあるけど、こちらで作ったモデルでdae出力でXcode側に持ってくるのも試してみたけど色々とうまくいかなかった。


macOS Sierra 10.12.4
iOS 10.3.1
Xcode 8.3.1
MakeHuman 1.1.0
Blender 2.78a
ManuelBastioniLAB version 1.4.0a

<< TensorFlowの学習結果をiOSのMPSで使う  TopPage  機械学習(TensorFlow)で位置計測っぽいことをやってみた >>

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

トラックバックURL
http://ringsbell.blog117.fc2.com/tb.php/1056-be1d68e7




Copyright ©頭と尻尾はくれてやる!. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad