頭と尻尾はくれてやる!

パソコンおやじのiPhoneアプリ・サイト作成・運営日記


機械学習で人体頭部の姿勢を得る(3)

機械学習で人体頭部の姿勢を得る(2)
↑この続き。
もう一つうまくいかないのはもしかして教師データが甘かったんじゃなかろうか?と。
例えば正面をゼロとして-15°から+15°までの画像をランダムに作成してデータセットを作成した場合、+45°の画像を入力とした時に正解を推論できるのか?そりゃ無理なんじゃ、、、?

そんなわけで従来より大きく動くようにしてデータセットを作成してみた。
データ数で30,000。従来の100,000は”穏やかな”データに加えて合計130,000個。
これで最初からやった方がいいのかよくわからないので、従来の続きでぶん回してみた。

TensorFlowの途中経過

↑そりゃ、そうなるわなってくらい損失関数の値が跳ね上がった。ここから学習していくのか?って思ってたんだが、なんとか学習は進んでるみたい。

ところが、テキトウな画像に対して推論すると相変わらずよろしくない結果に。こりゃダメだ、、、

<< Nintendo Switch販売ページをスクレイピング?  TopPage  機械学習で人体頭部の姿勢を得る(2) >>

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

トラックバックURL
http://ringsbell.blog117.fc2.com/tb.php/1061-1c8af20e




Copyright ©頭と尻尾はくれてやる!. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad