FC2ブログ

頭と尻尾はくれてやる!

パソコンおやじのiPhoneアプリ・サイト作成・運営日記


Blenderでテクスチャ付きのオブジェクトをdaeファイルで出力する

Blenderでテクスチャ付きのオブジェクトをdaeファイルで出力する、という前からやってたことがなんだかうまくいかなくて整理してみた。Blenderのバージョンは現時点で最新の2.79。
ここでTexture PaintするのはLayout画像のメッシュがどこ部分かを色を手がかりに把握するため(最終的な塗りはドロー系アプリで行う)。


(1) unwrap
画面を二分割して左にUV/Image Editorにしておく
editモードで’u’で’Smart UV Project’を使うことが多い。

unwrapで表示されるlayout

↑UV/Image Editor側に展開図みたいなのが表示される。

(2) Texture Paint モードで Add Paint Slot / Diffuse Color

Missing Data warning

↑画面右(3D View)をTexture PaintにするとMissing Dataって警告が出てるので指示通りAdd Paint Slot でDiffuse Colorを選択、名前は適当に作成しOKをクリック。

(3) 画面左で対応する画像を選択、保存

画像選択

↑画面左(UV/Image Editor)で画像っぽいアイコン(?)をクリックするとさっき付けた名前のがあるのでそれを選択。

テクスチャ画像保存

↑色を塗ったら’Image’のところに※マークがる。画像を保存できるで!ってことなのでsave as imageで保存。このファイルとLayoutの画像(※1)があればドロー系アプリで正確なテクスチャ画像の作成ができる。

(4) daeファイルで出力

dae出力オプション

↑出力時のオプションだが基本このままでOKのはず(たいていはSelection Onlyだけど)。

daeファイル出力

↑daeファイルとテクスチャが指定フォルダに出力された。
上のcopyのチェックを外すとsaveした画像へリンクされる(daeファイルをテキストエデイタで確認すると見える)。


以前はやってたMaterialの設定もUV Mapsの設定もよきにはからってくれてるみたい、、、


※1 Layoutはeditモードで UV/Image Editor のUVsってところにあるExport UV Layoutで出力できる



Blender 2.79
macOS High Sierra 10.13.4

<< SceneKitでdaeファイル内のテクスチャ画像のリンクを得る  TopPage  TensorFlowを1.7にアップデート >>

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

トラックバックURL
http://ringsbell.blog117.fc2.com/tb.php/1130-c38c7fa1




Copyright ©頭と尻尾はくれてやる!. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad