FC2ブログ

頭と尻尾はくれてやる!

パソコンおやじのiPhoneアプリ・サイト作成・運営日記


SCNProgramのシェーダーで使える関数

The Book of Shaders: Patterns
↑こんなページを見つけた。面白いからmacOSでやってる。SceneKitのSCNProgramでシェーダに記述していろんな模様を作ってる。
シェーダで描画
↑サイトに記述してるシェーダを移植しただけなんだが、いやしかし、シェーダでこんなの描くって本当考えた人、すごいね。目がチカチカするので小さく表示してる(画像クリックで拡大表示)。
移植する時にこの関数はSceneKitのシェーダではどう記述するんかいな?と困る時がある。
例えば、サンプルのシェーダに余りを求めるmodってのがあってそのまま使おうとしたらビルド時にエラーがでて、あれ?対応する関数なかったっけ?ってなった。

Metal Shading Language Specification
↑そういう時に参考にしたリファレンス。P115あたりにMath Functionsなんてあって、そのあたりに使える関数があったりする。

リファレンスの一部

↑こんなのがいっぱいある。
このリファレンスで余りを求める関数はfmodと知ることができた。

<< 平面上の4隅の点の輝度をなめらかにつなぐ  TopPage  Kerasでの損失関数の設定 >>

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

トラックバックURL
http://ringsbell.blog117.fc2.com/tb.php/1194-44f6f2ff




Copyright ©頭と尻尾はくれてやる!. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad