FC2ブログ

頭と尻尾はくれてやる!

パソコンおやじのiPhoneアプリ・サイト作成・運営日記


Automatorとショートカットを使い文字数を数える

Macで文書作成時に文字数を計測したいと思い、調べたところAutomatorを使うとできそうなので設定した。
作業時の流れは、作成した文書のテキストを選択し、ショートカットで文字数が表示される、という感じ。
なのでAutomatorでサービスを作成し、ショートカットを設定する、という二つのことを行う。

Macで選択中のテキストの文字数をカウントするスクリプト【DL有り】 | くにぽん’ず☆きちめきパラダイス

↑こちらにあるコードを使用させていただいた。感謝、感謝!
ただAutomator初心者の私にはこの記事を読んでもすんなり設定できず異様に苦労した。なので、なるべくAutomatorに慣れていない人にもわかるように書いてみた。


(1) Automator起動

Automatorアプリのアイコン

↑このロボットみたいなアイコンのアプリ。Macにデフォで入ってるはず。

(2) 書類の種類を選択

書類選択画面

↑種類は「サービス」を選択する。
本目的ではワークフローでもアプリケーションでもない。拡張子は.workflowになるが気にしない。

(3) コードをコピペ

ワークフローを作成するには、ここにアクションまたはファイルをドラッグしてくださいというメッセージ

↑デフォだと「ワークフローを作成するには、ここにアクションまたはファイルをドラッグしてください。」なんて出てるがここでもがいてもダメ。
「ライブラリ」の中にある「ユーティリティ」を選択(クリック)し、その右側にある「AppleScriptを実行」をダブルクリックする(クリックじゃない)。

コード入力画面

↑撮影用に小さくしてるけどこんなコードを入力するような画面が出てくるはず。
デフォであるコードは削除して、上記リンク先にあるコードをコピペする。
ここで実行してもちゃんと動かないけど気にしない。

(4) 保存する

サービスの名前入力画面

↑⌘+s等で保存しようとすると「サービスの名前」を入力する画面が出るので好きなのを入力し、保存をクリックでOK。ここでは「文字数を数える」としてる。
保存先は聞かれない。macOSが良きに計らってくれる。

(5) ショートカットを設定する

ショートカット設定画面

↑システム環境設定 / キーボード / ショートカット / サービス
を見ると先ほど設定したサービスの名前があるので、そこで好みのショートカットを設定する。
ただ、簡単なのは他で使われていたりするので、自分の納得できるショートカットを設定しよう。
自分の場合は片手でいけるよう ⌘+control+shift+c とした。
実行結果画面
↑実行時の結果。別ウインドウで表示される。

(6) コードを変更する場合

二本指タップ時の画面

↑ショートカット設定のところでサービスの名前のところで右クリック(?私はトラックパッドなので二本指タップなんですが)すればこのように選択肢が出るので Automatorで開く を選択すれば再度編集ができるし、 Finderに表示 を選択すれば保存先がわかる。



バージョン情報
macOS High Sierra 10.13.6

<< macOSでSCNViewのスクショをコードで得る  TopPage  NSTableViewにNSPopupButtonを置く >>

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

トラックバックURL
http://ringsbell.blog117.fc2.com/tb.php/1217-7aa54d4d




Copyright ©頭と尻尾はくれてやる!. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad