FC2ブログ

頭と尻尾はくれてやる!

パソコンおやじのiPhoneアプリ・サイト作成・運営日記


Mojaveにアプデしたらbone入りのdaeファイルが正しく表示されない

macOSをMojaveにアップデートしたところdae(COLLADA)ファイルが正しく表示されなくなってしまった。
ただし、3Dオブジェクトにboneが入っていない場合は問題なく表示される。

Blenderで作成したbone入りの3Dモデル

↑例えばこのようなbone入りオブジェクトをBlenderで作成する。

BlenderのPose Modeでオブジェクトを動かしたところ

↑Pose Modeで正しく親子関係ができているのを確認。

このファイルをdaeファイルとして出力する。

Finderでdaeファイルを表示した場合

↑それをFinderで見ると普通に表示はされるのだが、、、

Previewでdaeファイルを表示した場合

↑Previewで開けると正しく表示されない。もしくはPreviewアプリが落ちる。
Xcodeも同様にdaeファイルを選択して表示させようとすると落ちる。
Xcodeでdaeファイルをscnにconvertしても正しく表示されない。

ネットを調べてもDeveloper Centerのフォーラム見ても何も出てこないので、APPLEにバグレポートを出しておいた。

ただ、もしかするとそもそもBlenderの出力するdaeファイルがおかしいところがあって、アップデート前のHigh Sierraが適当にごまかして表示していたところ、Mojaveがより正確に厳密に扱うようになったのかもしれない。
というのもHigh Sierraの頃にmacOSアプリ(SceneKit)でdaeファイルを表示させようとしたら何やら警告(?)がたらたらと吐かれていたしなあ(落ちはしなかったが)。



追記 11月9日(金)
macOS Mojave 10.14.1 が来てたのでアップデートしたが、状況は変わらず。
また、現在のところまだバグレポートに回答はなし。

追記 11月21日(水)
今朝の確認で10/24付で提出したバグレポにようやく変化があったのだが、単に「DUPLICATE OF xxx」と表示されていただけだった(xxxのところは数字)。すでに誰かが提出済みということなんだろう。他人が提出したバグレポの内容は見ることができないようなので、後は修正を待つしかないということか?

<< macOSのContainer Viewのcontrollerの参照を得たい  TopPage  macOSをMojaveにアップデートしたらスタックが快適 >>

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

トラックバックURL
http://ringsbell.blog117.fc2.com/tb.php/1228-5992cffb




Copyright ©頭と尻尾はくれてやる!. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad