頭と尻尾はくれてやる!

パソコンおやじのiPhoneアプリ・サイト作成・運営日記


Core Graphicsでアナログ時計を作ってみる(1)はじめに

現時点での感想なのですが、やっぱりInterface Builderは使わない方が勉強になる感じがします。
IBを使うことで何かとブラックボックス化してしまう部分があって、わけもわからず作法だなってことで深く考えなくやり過ごすことが多々あったかも。

そんなわけで、ここしばらくIBを使わずにコードを書いています。

頭と尻尾はくれてやる! Core Graphics(Quartz)かOpenGLか?
↑ここにあるように、Core Graphics(Quartz)でどういうことができるのか?
というのを勉強するために、とりあえずアナログの時計みたいなのができるのかどうか、取り組んでみました。

結果がこれ、、、

Core Graphicsでアナログ時計

と言っても画像なので動かないですがね。
しかも、秒針だけが動く、というものです(一般的に手抜きとも言います)。

とりあえずコードを公開していきますが、チュートリアルなんて立派なものではありません。
おかしなところ、もっとスマートな方法などがあれば、突っ込んでいただけると大変勉強になります。

くどいようですが、Xcodeは3.2.2です。



関連ページ
頭と尻尾はくれてやる! Core Graphicsでアナログ時計を作ってみる(2)全体の構成
頭と尻尾はくれてやる! Core Graphicsでアナログ時計を作ってみる(3)背景をつくる
頭と尻尾はくれてやる! Core Graphicsでアナログ時計を作ってみる(4)背景のオブジェクトを生成する
頭と尻尾はくれてやる! Core Graphicsでアナログ時計を作ってみる(5)ビューコントローラーのオブジェクト生成
頭と尻尾はくれてやる! Core Graphicsでアナログ時計を作ってみる(6)秒針を作る
頭と尻尾はくれてやる! Core Graphicsでアナログ時計を作ってみる(7)秒針を回転させる

<< Core Graphicsでアナログ時計を作ってみる(2)全体の構成  TopPage  FC2でSyntaxHighlighterを使いたいが、、、 >>

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

トラックバックURL
http://ringsbell.blog117.fc2.com/tb.php/381-0da05781




Copyright ©頭と尻尾はくれてやる!. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad