頭と尻尾はくれてやる!

パソコンおやじのiPhoneアプリ・サイト作成・運営日記


こんな方法でオブジェクトの有無がわかるのか

人様のコードを見るってのはいろいろと勉強にはなるんだろうけど、なかなか自分のアウトプットが出ないので多少焦らないでもない。
なんだか、野球部に入部したのに、グランドを走ったり筋トレばっかりで球拾いの時だけボールに触れる、って感じかな?(野球はやったことないけど)

いやいや、その基礎的なトレーニングがあってこそ、今後の開発に役立つのだー、と自ら言い聞かせつつ今日もStudy CoreData 17を見ていたら、おもしろい表現が。
いや、単に私が知らなかっただけなんだけど。

UIButton *_backgroundCancel;
ってヘッダーで宣言しといて、、、 hoge.mの何回も呼び出されうるメソッド内で、
if (!_backgroundCancel) {
   _backgroundCancel = [UIButton new];
って感じで、そのオブジェクトがまだ作られていない場合にのみオブジェクトを作っているんです。
自分ならloadViewメソッドあたりでまとめて書いてしまいそうだけど、よく考えたらこのオブジェクトはユーザーの操作によっては不要な場合もあるので、そのような場合は記事の通りにやった方がいいよな!

オブジェクトの有無が
if (!_backgroundCancel)
で判断できる、というのは知らなかったし。

なるほど、こんな書き方があったのか!
と目から鱗が落っこちたStudy CoreData17でした。
次は18へGoだ!

<< AppDelegateの参照を得る方法  TopPage  @selectorで示すメソッド名のコロンの有無には訳がある >>

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

トラックバックURL
http://ringsbell.blog117.fc2.com/tb.php/429-0c2b90dc




Copyright ©頭と尻尾はくれてやる!. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad