頭と尻尾はくれてやる!

パソコンおやじのiPhoneアプリ・サイト作成・運営日記


UILocalNotificationを使って通知してみる

通知センター

↑このiOS 5から登場したあの通知用の画面(正式には何て名称なんでしょうね?)に通知を表示させるテストをしました。
画面上部からうにゅーっと出てきてすぐに見られるというのはとても素早いアクセスが可能で、見たいものを瞬時に見られる!ってのがとても便利ですよね。

テスト用のコードはこんな感じ :
UILocalNotification *localNotif = [[UILocalNotification alloc] init];
localNotif.fireDate = [[NSDate date] addTimeInterval:1.f];//1秒後
localNotif.timeZone = [NSTimeZone defaultTimeZone];
localNotif.alertBody = @"This is alertBody";
[[UIApplication sharedApplication] scheduleLocalNotification:localNotif]; 
[localNotif release];
その結果がこれ :

通知センターに表示してみる

ほー、うまく表示されますやん!
と言いたいところですが、1つ問題がありましてね、、、

一番最初の "TestLocalNotification" ってのはアプリの名称。
そうだよな、アプリごとに通知が表示されるんだから。ここまではいいんです。

ところが、通知内容のセル内に再度 "TestLocalNotification" ってアプリ名が表示されるんです。
この文字列無駄だろ、、、?!ださすぎるし、視認性が極端に落ちる。
どうやら現状では設定できる文字列はalertBodyプロパティによるセルの2行目だけみたい。
通知のタイトルがちゃんと設定できたらいろいろやりたいのに!
もっとも、全うな通知以外に使用しているアプリはリジェクトされてきてるそうですが。

<< AVAudioPlayerクラスでmp3等の音を鳴らしてみる  TopPage  読書メモ >>

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

トラックバックURL
http://ringsbell.blog117.fc2.com/tb.php/532-72ac4a8d




Copyright ©頭と尻尾はくれてやる!. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad