頭と尻尾はくれてやる!

パソコンおやじのiPhoneアプリ・サイト作成・運営日記


iPadのサブディスプレイ化で開発効率アップだ?!

新しいiPadが来たらiPadをサブディスプレイにするのをやりたかったんだ。前々からデュアルディスプレイなんてのに憧れていたんだよ。少年が年上のお姉さんに憧れるような誰もが通る道だよね。

普段はいいんだけどさ、Xcode使う時にモニタ2枚あればサブ側にリファレンスを常時表示しといたら便利そうだな、なんて考えていたんだよ。
Xcodeのリファレンスを表示する時ってさ、コード上の調べたいクラス名やメソッド名をタップするとすぐにOrganizerに切り替わって該当部分が表示されるじゃない?この機能すごく重宝してるんだけど、それがiPadに表示できたらいいんじゃないかなと思ったんだ。

それでいろいろと物色してみたところ
DisplayPad
AirDisplay
iDisplay
DisplayLink
Splashtop XDisplay
などなどたくさんあるんだね。どれにするか困っちゃうよ。

最安値250円のDisplayPadにしたかったんだけど、どうやらウチのMac mini Late 2009だとうまく動作しないかもってサポートサイトにあったから残念ながら却下だよ。
この手のアプリはiPadアプリだけでは成立しないようで、Mac側にもなにかインストールする必要があるんだけど、それがMac App Storeで提供されてると何かと管理しやすいなかって程度の理由でiDisplay(450円)を購入してみたんだ。

iDisplayのアイコン

ちなみにMac用のはiDisplay Liteって無料アプリをMac App Storeでダウンロード。

いざ実行してみると、いとも簡単にサブディスプレイ化した、といえばしたんだよ。接続も簡単にしたんだけど、何か違うんだよね。

iDisplayのデモ画像

↑このスクリーンショットにあるようにあたかもメインのディスプレイが大きくなったようなイメージなのかと思っていたんだけどさ。

iDisplayの画面選択

↑接続するとiPadにこういう画面が表示されて、例えばXcodeをタップすると現在開いてるウインドウに対して選択できるようになってるんだ。
さらにそれをタップするとその画面を表示。

iDisplayでXcodeのリファレンス表示1

↑確かに表示されてる(画像はiPadのスクリーンショット)。iPadの画面いっぱいに指定したウインドウが表示されてる。
けど、これって最初のアプリのスクショにあったイメージとは違うよね?これは何かiDisplayの仕様が変わったのかウチのMacが古いせいかはわかんないけど、問題はそこじゃないんだよね。

リファレンスをiPadに表示したのはいいんだけど、iPadを触ってこの画面をスクロールさせることができないんだ!
つまり上の画像だとUIViewControllerクラスの説明の冒頭を表示しているけど、iPadからはこの続きが読めないんだよ。メインのディスプレイでスクロールさせると可能だけど、それじゃ意味ないよね。

ちなみにスクロールはできないんだけど、

iDisplayでXcodeのリファレンス表示2

↑こういうリンクをタップすると移動することは可能(テキスト表示部の上に「iOS 5.1 Library > User Experience > (略)」って部分も普通はタップ&移動できるけど、iPad上ではタップしても無効)。

調べたメソッドなどに関連するメソッドやプロパティをチェックすることがよくあるんだけど、それが期待してたほどにはできないんだよね。

そんなわけで、iDisplay買ったはいいけどXcodeでの作業時に使うってのはあきらめたよ。こういうのを人柱って言うのかな?


参考までにOSはLion 10.7.3、iDisplayは2.0、Mac用のiDisplay Liteは1.4.12だよ。

<< スタイラスペンはコツが要る   TopPage  iPadのノートアプリどれにする? >>

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

トラックバックURL
http://ringsbell.blog117.fc2.com/tb.php/556-f015ce0d




Copyright ©頭と尻尾はくれてやる!. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad