頭と尻尾はくれてやる!

パソコンおやじのiPhoneアプリ・サイト作成・運営日記


CATiledLayerをスクショ撮影する時には要注意

頭と尻尾はくれてやる! なぜかrenderInContext:でコールされるCATiledLayerの描画部分
↑以前書いたこの記事に「具体的にどうするの?」って質問が来ていたので書いておこうかな。

と言っても特別なことはしていなくて、スクリーンショット撮影時(もちろんコード内)にフラグを立てておいて、CATiledLayer内のdrawRect:メソッド内でそのフラグが立ってる時だけ別処理してるだけなんだよ。

自分でもどういう処理してるのかなって「赤ちゃんの成長グラフ」アプリのソースを確認したら、応急処置的に線の太さだけいじっていただけだったよ。これも設計がしっかりしていれば不要だったのかな、とも今では思うんだけどね。

結局、どういうエリア(CGRect rect)で呼ばれてもいいように設計しとかないとダメってことなんだろうね。
今度CATiledLayerで描画するビューのスクショを撮影するアプリを作る時には気を付けるよ。

<< Panasonicの炊飯器に買い替えたら保温時の消費電力量が激増した   TopPage  「はぴeみる電」に登録しようとしたんだが >>

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

トラックバックURL
http://ringsbell.blog117.fc2.com/tb.php/616-0b2ae3ca




Copyright ©頭と尻尾はくれてやる!. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad