頭と尻尾はくれてやる!

パソコンおやじのiPhoneアプリ・サイト作成・運営日記


カテゴリーで楽チンコーディング

腹をくくって徹底的にカテゴリーを使うことにしたってお話だよ。

例えばUIViewクラスのオブジェクトviewがあった時に、その底辺の座標を知りたい時ってあるでしょ?
そんな場合
float bottom = view.frame.origin.y + view.frame.size.height;
って記述することになるよね。
なんとも面倒なのでUIViewのカテゴリーを使って
@implementation UIView (AddBottom)
- (float) bottom
{
    return self.frame.origin.y+self.frame.size.height;
}
@end
ってしてたんだよ。
すると、
float bottom = view.bottom;
ってなぐあいで一撃なんだよ。すごく楽チンなんだ。

でも、よく考えたらこれって他にも使えるよね。
幅も
float width = view.frame.size.width;
と書いてたのがカテゴリーで
@implementation UIView (AddWidth)
-(float)width
{
    return self.frame.size.width;
}
@end
↑このように定義しておけば
float width = view.width;
なんて簡単に書けるんだ。
でもまだちょっとview.widthって見ると気持ち悪い感じがするんだ。これでいいのか?的なね。

そこは腹をくくってだね、UIView以外にもCALayerについても同じようにwidth,height,top,bottom,left,rightなどなどカテゴリー使うことにしたよ。
この気持ち悪さを乗り越えればきっとそこには楽チンコーディングの世界が待っているはずだよね、、、大げさだな。

<< グランドキリンを飲んだ&贈った   TopPage  ジョギングにはiPod shuffleだよね >>

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

トラックバックURL
http://ringsbell.blog117.fc2.com/tb.php/624-38858b8d




Copyright ©頭と尻尾はくれてやる!. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad