頭と尻尾はくれてやる!

パソコンおやじのiPhoneアプリ・サイト作成・運営日記


「翔ぶが如く」を読んでみた

司馬遼太郎の「翔ぶが如く」を読み終えたってお話だよ。

幕末の話はよく聞くんだけど、維新後当時の人々がどれだけ苦悩したんだってのはあまり触れたこともなかったので新鮮だったなあ。
これを読むと明治政府の初期段階ってのがいかに脆弱で簡単につぶれそうだったのかってのがよくわかるよ。歴史としては維新後ずっと明治政府が続いてるから気にしてなかったけどさ。
この本は維新後征韓論でもめてる頃から、最後は西南戦争終結まで描いてるんだけど、西郷隆盛が主役かというとそういうわけでもなくてその時代を描いてるって感じんなんだ。むしろ西郷に関しては維新後のさえない時期が中心だから西郷隆盛ファンには面白くないかもしれないね。
薩軍が追いつめられていく様子はなんとも重苦しい気分にもなるけどこれが士族の最期なのかと思うとなかなか感慨深いよ。あれで侍の世が本当に終わったんだな。大改革の後にはその反動があるんだね。

大久保利通
それにしても、好きな歴史上の人物なんかのアンケートだと西郷隆盛や坂本龍馬が上位に来ることはあっても大久保利通(上の画像)が入ることはないよね。この本を読んでるとそれが不思議になるよ。大久保利通はもっと人気があってもいいと思うんだけど、、、と思うくらい自分の中では大久保株急上昇だよ。


川路利良
↑川路利良(かわじとしよし)
うろ覚えだけど「翔ぶが如く」の冒頭はこの川路利良が海外へ視察に行ってるところから始まってたんじゃなかったかな。
日本の警察制度を作った薩人。物語ではよく出てくるけど本を読むまでこんな人知らなかったよ。

<< UITableViewでセルと右端のボタンの使い分け   TopPage  OCRアプリは膨大な文字データをどう持てばいいの? >>

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

トラックバックURL
http://ringsbell.blog117.fc2.com/tb.php/642-abbba7cc




Copyright ©頭と尻尾はくれてやる!. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad