頭と尻尾はくれてやる!

パソコンおやじのiPhoneアプリ・サイト作成・運営日記


コードを使い回す時のマイルール

作ったコードを使い回すにはどうしたらいいんだろうねってお話だよ。

自分で書いたコードって書いたらそれっきり、という場合もあるけど他のプロジェクトで使おうとする場合もあるでしょ。どういう風にしたら使いやすいんだろうな、と常々悩んでいたんだよ。
あれ?こういう処理するコードってどこかで書いたような気がするよな、、、と思って探そうにもプロジェクトのファイルがいっぱいあって大変だったりするんだ。
しかもあっちこっちのプロジェクトに似たようなクラスやメソッドがあったりして、かつ処理内容が微妙に違ったりしてもう何がなんだかって感じなんだ。

そんなわけで、実は何ヶ月か前にはボツにしたんだけど、ここで方向転換。
使い回しそうなコードはある一つのプロジェクトに置いて、実際に使う場合はそこから参照して使うように決めたんだよ。

コピーじゃなくて参照するだけ。
Xcodeだとドラッグ&ドロップすればファイルを追加できるじゃない。この時に次のような表示が出るでしょ。

Xcodeでファイルを追加

↑ここで一番上のコピーするってのにチェックを入れないんだ。
そうすると実際は元のところのを参照しているだけなのに、Xcode上ではあたかもそのプロジェクト内にそのファイルがあるように見えるんだよ。
これなら、ストレスなく作業はできるよね。

問題は、他のプロジェクトで使っているのをうっかり書き換えるような場合だよね。
だからこそ数ヶ月前にこの方法はボツにしたんだけど、今回はクラス等の命名規則をきっちりルール化することなどでうっかり書き換えるようなことをしないようにしてる。
本気で書き換えないようにするならXcode内では無理っぽいけどFinderでアクセス権を変更すれば可能なんだけど、、、今のところそこまではしていないけどね。

この運用で予想外のメリットとして、きっちりクラスやメソッドを作る、という意識が向上したかな。今までその場限りで適当なメソッド名でしのいでいたことが多かった(反省!)んだけど、そういうのを避けるようになったね。
どうなるかわからないけど、しばらくこの方法でやってみるよ。

<< 指無し手袋でキーボードを打つ  TopPage  n次の近似曲線を求める(3) >>

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

トラックバックURL
http://ringsbell.blog117.fc2.com/tb.php/703-720a0310




Copyright ©頭と尻尾はくれてやる!. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad