頭と尻尾はくれてやる!

パソコンおやじのiPhoneアプリ・サイト作成・運営日記


MavericksのiBooksだと洋書も快適に読める!

Macの新しいOS、Mavericksが先日リリースされたので早速ダウンロードしていろいろいじってみたんだけど、一番スゴい!と思ったのがiBooks。いや、それ別にiPhoneやiPadにもあったじゃない、それと同期するだけでしょ?と思っていたんだけどさ。
実際使ってみて驚いたのよ。辞書の機能が素晴らしいんだよ。

ここのところiPadのiBooksでHarry Potterシリーズを読んでるのよ。いつから読んでるんだろう?と思って調べたら、、、
頭と尻尾はくれてやる! / iPhone/iPadでHarry Potterを読んでみる
こんな記事を今年の始めに書いてるから年明け前後くらいから読み始めたんだろうな。今は4作目の Harry Potter and the Goblet of Fire (ハリーポッターと炎のゴブレット)のChapter 7あたり。

驚くべきことに(?)順調に読み進めてるわけだけど、これはやはりiPadの辞書機能のおかげでもあるんだよ。上の記事にもあるように簡単に単語の意味を知ることができるというのは大きいよね。実際かなり前だけど、ペーパーバックのHarry Potterは挫折してるし。
その辞書機能を使うのはこんな感じ。
iPadだと調べたい単語の上に指をしばらく置いて(長押し)から指を画面から離すと

iPadのiBooksスクショ1

文字を選択できて上の画像のようになるので’辞書'をタップ。

iPadのiBooksスクショ2

↑数秒後にこんな風に表示される。ウチの第三世代iPadだと’辞書’をタップしてから表示まで数秒かかっちゃうのがかなり残念。


これがMavericksになったMacのiBooksだとどうなるか?

Mavericksだとカーソルを単語の上に置いた状態で三本指タップ(Magic Trackpadで設定しておく)。
すると瞬時にこんな風に表示される。

Mac(Mavericks)のiBooksスクショ1

これで意味を把握できればいいんだけど、これだけだと不十分だと思ったら英英辞典もしくは英和/和英辞典という部分をタップすると

Mac(Mavericks)のiBooksスクショ2

すぐにこんな画面が現れる。このウインドウのサイズも自分好みで変更可能。辞書も英英辞典だって選べるし、その説明文でよくわからない単語はクリック(クリックできるようには見えないけど)でさらに調べることができる。
辞書からiBooksに元に戻るにはiBooksのウインドウをタップすればいいだけ。
素晴らしい!

おまけに調べたい単語が一つじゃない時。イディオムとかそういう場合ね。
iPadだと選択はできるけどset offまで行けず、自分でsetの項目から探さなければいけない(いや、そんなのやってられないって)。
ところがMacだと選択(単語二つ以上だとさすがに選択が必要)してから三本指タップすれば概略が表示される。

Mac(Mavericks)のiBooksスクショ3

さらに英和/和英辞典という部分をタップすると

Mac(Mavericks)の辞書スクショ

↑こんな風に出てくる。
素晴らしすぎる!

なお、単語だろうと文章だろうと選択部分を読み上げてくれるという機能もあって、やってみると面白いけどあまり使わないかな。

ちなみに単語の意味を表示させるのはiBooksというよりOSの機能なのでSafariなんかでもできるよ。

<< MavericksにしたらiPhotoが起動しなくなった  TopPage  Mavericksのインストール失敗した? >>

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

トラックバックURL
http://ringsbell.blog117.fc2.com/tb.php/823-4cd1317e




Copyright ©頭と尻尾はくれてやる!. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad