頭と尻尾はくれてやる!

パソコンおやじのiPhoneアプリ・サイト作成・運営日記


ペーパープロトタイピングを試してみる

ペーパープロトタイピングってのを試してるんだけど、これは開発時間を大幅に短くする手法かもしれない予感。
今まで、テストだのgitだの開発効率を上げてくれそうなモノをいろいろ試してみたけど、その中でもこれほど「これは使えるんじゃない?!」って思ったのはなかったくらい。

何がいいって、実際に紙でこのボタンをタップしたらこうなって、、、というのを紙で作っていくと、自分があやふやにしていたところが明確になるのよ。
今までだとあやふやな部分があっても主要な機能の動作確認とかに注力してて、後にあやふやにしていた部分を実装しようとするとなんだかUIが微妙、、、クラスの分け方からやり直し、なんてのも多かったんだよね。ホント時間の無駄だわ。

今作ってるiPadアプリでもそういうことがよくあるので、途中からだけどペーパープロトタイピングで全体のUIを整理しているところ。まだ紙を相手に格闘してるところだけど、なかなかいい感じだよ。
アプリの試作を紙で作る、なんてホント目から鱗だな。

ところで、iPadの画面を模した紙をどうするか迷いどころなんだけど、最初は厚紙の内側をiPadの画面サイズで切ってA4用紙の裏紙にボールペンで線を描いていたんだ。iPadの横固定なので、A4用紙縦でもスクリーンのサイズなら実寸でいけるしさ。

厚紙のテンプレート

↑上がiPad(第三世代)、下が厚紙ね。

でも途中からめんどくさくなってきたので、結局iDrawでテンプレを自作してプリンタで都度印刷するようにしたよ。

iDrawのテンプレート

↑iDrawのレイヤーを選択して部品の枠を表示/非表示させて随時表示させてる。
しばらくはこんな感じでやってみるかな。

<< 無線LANルーターが死んだ?  TopPage  BlenderのMirrorとSubdivision Surfaceの両方の適用がうまくいかない >>

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

トラックバックURL
http://ringsbell.blog117.fc2.com/tb.php/874-d629f5e1




Copyright ©頭と尻尾はくれてやる!. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad