頭と尻尾はくれてやる!

パソコンおやじのiPhoneアプリ・サイト作成・運営日記


3Dデータを123D Catchで取得→Blenderで編集→iOSで使いたい

Autodeskの123D CatchというiOSアプリで3D用データの作成の失敗手順。


データ取得対象のぬいぐるみ
↑とりあえずこのパンダのぬいぐるみを取り込んでみる。


123D Catchアプリで画像をたくさん撮影して数十分待つ、、、

Macで123Dのサイトにログイン、objファイルをダウンロード。

Blenderでobjファイルをインポート。

Blenderでインポート
↑頂点数がべらぼうに多くて(73万ちょいある)Blenderがまともに動かないのでModifierのDecimateで頂点数を削減する(この作業ではテクスチャ座標はよきにはからってくれてるみたい)。

さらに不要な頂点を手作業で消していく。

Blenderで編集
↑頂点数がだいぶ減った(562個)のはいいんだけど、この時点でテクスチャは4枚の画像を参考にしている。BlenderがおりこうなのでBlender上では意図通り表示されてるけど、これをobj形式で出力すると具合が悪くなる。objファイルにどの画像を参考にするか、なんて情報ないから。

iOSでの実行結果

だからiOSアプリで使うと、一部しかテクスチャが正しく表示されない。

テクスチャを自作するなら、つまり3D形状の取得までなら上記手順でOKなんだけど、テクスチャ欲しいんだよな。何かいい方法ないものか?

<< 自作の台でスタンディングデスクに  TopPage  複数のiOSデバイスでデータを共有する方法 >>

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

トラックバックURL
http://ringsbell.blog117.fc2.com/tb.php/982-4be5f891




Copyright ©頭と尻尾はくれてやる!. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad