頭と尻尾はくれてやる!

パソコンおやじのiPhoneアプリ・サイト作成・運営日記


AVAudioPlayerで再生してるリアルタイムの音量を得る

音楽や効果音等の音声ファイルをAVAudioPlayerで再生し、その時のボリュームを得たくて調べてみた。
ここで言うボリュームというのはAVAudioPlayerオブジェクトのvolumeプロパティとは意味が違う。欲しいのはその瞬間の音量なのよ。静かな時は小さい値を、賑やかな時は大きい値を取得したいわけね。

できれば再生が簡単(かつ慣れてる)AVAudioPlayerでできないかなあ?と調べてみたところ、ありますやん!

How To Make a Music Visualizer in iOS

↑この記事で averagePowerForChannel: メソッドとか紹介されてる。それよ、それ!
おおお、助かった〜


ffmpegで動画のトリミング

iPhoneの画面を動画で取得した後に、下側何も表示してないから要らないなってことでトリミングしたかったんだわ。
もしかしてffmpegでできるのかな?と調べたらできそうやん!

ffmpegで動画を編集する - 生存報告書
↑こちらを参考に

ffmpeg -i 元ファイル -vf crop= 1080 : 1200 : 0 : 0 出力ファイル

てな感じでやってみたらできたよ!ffmpegはホント優秀なやっちゃな。


TensorFlowを1.2へアップデート

ずっと1.0のまま使ってたんだけど、ここいらで1.2へアップデートすることに。

Installing TensorFlow on Mac OS X  |  TensorFlow
↑本家を参考に。1.0へのアップデートと同じく Installing with native pip でやってみた。

まずはpipのバージョン確認。ターミナルから
pip3 -V とした結果、
pip 9.0.1 from /Users/yamaguchitatsuya/.pyenv/versions/anaconda3-4.1.1/lib/python3.5/site-packages (python 3.5)
で8.1以上なのでOK。

次に
pip3 install tensorflow
でインストールするも、
Requirement already satisfied
とかがいっぱい出て、ダウンロードしない。

これがダメなら、、、と本家ページにあるのでその通りにやってみたのが↓これ。
sudo pip3 install --upgrade https://storage.googleapis.com/tensorflow/mac/cpu/tensorflow-1.2.0-py3-none-any.whl

するとダウンロード開始し、無事終了。

print(“version “+str(tf.__version__))
↑これでバージョンを確認すると1.0.0→1.2.0になった〜!
1.1で大きな変更があったとか聞いた気がするんだけど、1.0で動いてたMNISTを試しに動かしたら普通に動いた。



memo
macOS Sierra 10.12.5
Python 3.5.2 :: Anaconda 4.1.1 (x86_64)


App Preview用動画を作成する

App Preview用の動画(4インチ、4.7インチ、5.5インチの3サイズ用)を初めて作成したのでそのメモ。
まだアプリ自体は審査中だけど iTunes Connect では作成した動画ファイルを受け付けてくれたから動画ファイル自体に多分問題はないんじゃないかな、と。

今回のアプリは縦長でiMovieは縦長の動画を横長に出力してくれないので手間が増える(横長のアプリなら少し楽なはず)。
作業の流れはこんな感じ。

1. MacとiPhoneをコードでつないでアプリの動画をQuickTime Playerで撮影する(複数の動画ファイルを作成)
2. それぞれをQuickTime Playerで横長になるように90度回転
3. 複数の動画ファイルをiMovieで編集
4. iMovieで「共有/ムービーを書き出す」のHD(最大)を選んで書き出す
5. ffmpegで動画を縦長に回転するよう書き出す
6. ffmpegでそれぞれのサイズになるように書き出す

最初はQuickTime Playerで縦長を横長に回転させてるのに、後のにffmpegを使うのはQuickTime Playerがよきに計らって(俺のMacで最大の大きさを超えないようにしてる?)くれているのかサイズが少し小さくなってしまったのでffmpegで回転させてる。

QuickTime Playerで作成した動画は60FPSくらいあってiTunes Connectでは受け付けてくれない(30FPSじゃないとだめ)。

なお、iPhone 6で撮影した動画から作成してるわけで、それを5.5インチ画面で見るとどんな感じなのかよくわからないけど、、、

ふと3.5インチは作らなくていいの?と思って確認したら両横に黒い部分があるのね。



参考にしたサイト

Macでffmpeg(使い方) - Yahoo!知恵袋
iOSアプリのApp Preview作成手順 - Qiita
AppStoreのアプリ動画 App Previews作成に便利なツールの紹介 – うめメモブログ


Macにffmpegのインストール

App Preview用の動画を作ろうと思って調べてたらffmpeg使うというページを目にしたのよ。ということでffmpegなるものをMacにインストールしようとしたお話。

Macでffmpeg(使い方) - Yahoo!知恵袋
↑こちらのページを参考にしてやってみたんだけど、、、

cp (copy)するのに Operation not permitted とかエラー出てしまう。

調べたら
Operation not permitted|Mac OS X 10.11 EI Capitan
というページを発見。この通りリカバリーモードで起動して、ごにょごにょして、再起動。すると確かにインストール、実行までうまくいった(なんか怖いけど)。




Copyright ©頭と尻尾はくれてやる!. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad